山形県広告業協会とは・・・
<目 的>
本協会は、広告業の健全な発達と広告活動の改善向上を図り、もって山形県経済の発展と、県民生活の向上に寄与することを目的とする。
<事 業>
本協会は、目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 広告業の経営合理化に関する調査および研究並びに施策の推進
(2) 広告取引の近代化に関する施策の推進
(3) 広告倫理の向上運動の実施
(4) 広告技術の改善向上に関する調査および研究
(5) 関係機関、内外諸団体との連絡および協調
(6) 広告に関する情報・資料の収集および斡旋
(7) その他、本協会の目的を達成するために必要な事業

 当協会の平成30年度通常総会が、5月22日(火)会員社21社(参加19社20名、委任状2社)の代表が参加し、山形市の山形グランドホテルにて開催されました。
 初めに本田会長より「日頃の会員社と賛助会員社へのご尽力の御礼を申し上げます。広告は世の中を明るくし、人々を幸せにする力がある。皆さんと力を合わせて山形を盛り上げていきましょう」と挨拶がありました。また、本年度より新事務局長に任命された山木行夫氏より新任挨拶があり、その後、議題に入りました。第1号議案として平成30年度事業報告および収支決算報告、引き続き第2号議案として平成30年度事業計画(案)および収支予算(案)を審議し、満場一致で承認されました。その他として、相川理事より、まるごとマラソン事業の協賛広告収入が年々減少傾向にあり、本年度は協会各社で協賛収入増を努力してほしいとのお願いがあり、総会を閉会いたしました。
 その後、会場を移し会員社53名、賛助会員41名、計94名が参加して懇親会を実施しました。本田会長の挨拶の後、賛助会員社を代表して株式会社エフエム山形 常務取締役 池上大作氏の乾杯で懇親会をスタートしました。歓談途中に山木新事務局長を紹介し、賛助会員各社の皆様にもご挨拶をいただきました。和やかな雰囲気の中、高橋副会長の中締めで盛況の内に懇親会を終了致しました。