山形県広告業協会とは・・・
<目 的>
本協会は、広告業の健全な発達と広告活動の改善向上を図り、もって山形県経済の発展と、県民生活の向上に寄与することを目的とする。
<事 業>
本協会は、目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 広告業の経営合理化に関する調査および研究並びに施策の推進
(2) 広告取引の近代化に関する施策の推進
(3) 広告倫理の向上運動の実施
(4) 広告技術の改善向上に関する調査および研究
(5) 関係機関、内外諸団体との連絡および協調
(6) 広告に関する情報・資料の収集および斡旋
(7) その他、本協会の目的を達成するために必要な事業

 当協会の令和3年度通常総会が、5月27日(木)会員社20社(参加16社17名、委任状4社)の代表が参加し、山形市の山形グランドホテル3階「白鳥の間」にて開催されました。
総会のはじめに本田会長より「新型コロナ感染拡大の影響により、前年度の事業は中止になることが多い状況で、私たちの業界にも大きな影響がありました。本年度も感染の状況により事業の延期、中止が想定されますが、広告の力で山形を元気にするために会員の力を合わせていきましょう」と挨拶がありました。第1号議案として令和2年度事業報告および収支決算報告、第2号議案として令和3年度・令和4年度役員改選と各委員会委員長・委員(案)承認の件、第3号議案として令和3年度事業計画および収支予算(案)を審議し、すべての議案が満場一致で承認されました。
本年度もコロナ感染の状況を判断しながらの協会の運営となりますが、本年度も会員各社のご協力をお願いするとともに、新型コロナ感染の早期終息と皆様のご健康をお祈り致します。